JAたのふじ

たのふじブランド

トマト

ブルーのトマト

 乾燥した地域で生まれたトマトにとって、雨や湿気は大敵。そのため、空気が乾燥している冬から春にかけてのハウス栽培が適しています。

 JAたのふじの「ふじ娘トマト」は果肉がしっかりと詰まり、甘みと酸味のバランスがいいのが特徴。また、ビタミンCや抗酸化作用を持つリコピンなどが豊富で「トマトが赤くなると、医者が"青く"なる」とも言われます。

JAたのふじトマト生産販売組合


主要産地

藤岡市(神流地区)

作付面積

6ha

出荷量

1,200トン(平成28年度)

収穫・収穫時期

12月~6月

ページトップへ